ゆらふわくらげ

ゆらゆらふわふわな日記

とっても怖い娘の夢|まんが日本昔話って怖くなかった?

タイトルから、将来の夢を連想したでしょうか。

今日の朝の会話です。

 寝ぼけた顔でこう言った。

娘『怖い夢を見たんだわ。』

私『またぁ? いつものことでしょ。』

よく言うんだよね。

私も悪夢を見やすいんだけど娘もなの。

よく、怖いドラマを見るとね、夢の中で出てきちゃうの。

殺人事件のドラマを寝る前に見ちゃいけない。


娘『いや、昨日はマジで怖かった。』

私『よく覚えてるね~。いつもじゃん』

娘『人身売買された』

私『はー? 誰に売り飛ばされたの?』

娘『ママが』

私『なんでよ。ママがそんなことするわけないじゃん』

娘『違う』

私『違うの?』

娘『ママが売り飛ばされたの。』


おぉーシュールな夢ね(*^-^*)

何それ。マジ怖いんだけど。

 そして、それを聞いてた 旦那が笑ってた。

ママが売れるわけないじゃん。


おい。

確かに、そんな価値は。おばさんだからね。

はっ。おばすてやま・・・

こわい。その夢、怖すぎるって。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


おばすてではなくて『うばすて山』

これ、親孝行の話なんだよね。

まんが日本昔話であったよね。

老人は知恵を持っている。大切にしよう。

最後は そんな話でしたよね。


ね、大切にですよ。まだ、老人ちゃうし。

あ、姑を大切にしなきゃですね(/・ω・)/


そうそう、まんが日本昔話って、結構怖いよね。

あれこそ、怖い夢見ちゃうよ。

『飯降山』覚えてる?

トラウマになるような話。寝れなくなるべ。


ぼうや~よい子だ、金出しな~♪

って替え歌よく唄ったよね~♪

こわっ。

おしまい。