ゆらふわくらげ

ゆらゆらふわふわな日記

消しゴムがミニオンを溶かす?その原理はコレだ|日常のそういうもの

先月、サーティワンでミニオン31ジャックをやってました。

50%増量! そして可愛いケースに入れてくれたんです。

3つ絵柄があって、全部ゲットしました。

f:id:lanikai-sk:20180912154234j:plain


可愛いから洗って小物入れにしたんですね。

その一つに、たくさんの消しゴムを入れました。

消しゴムハンコに使ったりするから、細かい消しゴムがたくさんあるんです。


数日前、娘が悲鳴を(;'∀')

ミニオンが溶けてるーって。

f:id:lanikai-sk:20180912154437j:plain

ほんとだ。穴だらけになってる。

そして、ミニオンのイラストが消しゴムに色移りしてました。


消しゴムはプラスチックを溶かすんだった。

これ、子供の時に経験あるよね。

定規と長ーく くっつけておくと定規が溶ける。

筆箱も当時はプラスチックの仕切りがあるタイプでくっついちゃってた。

消しカスも放置すると、その部分が溶け込むんだよね。

お気に入りの定規が溶けてると悲しかった。

懐かしい現象です。


娘は初体験ですね。

筆箱も進化したんだよ。売り場を見たことがありますか?

f:id:lanikai-sk:20180912154850j:plain


圧倒的に机に立てて使うタイプが多いんだよ。

なぜかと言うと、机が広く使えるから。

ペン立て風に使うんだよ。化粧品を入れる時にも便利だよね。

教科書のサイズが大きくなったけど、机自体はそんなに大型になってないから。

eyeasm.com

筆箱もプラスチック素材ではないし、仕切りになっているものもある。

カンペンやプラスチックの筆箱のように落としても音がしない。

だから、この現象が起きることは少ないと思うよ。


娘『なんで、溶けたの?』

私『消しゴムは溶かすものなの。』

娘『だから、なんで?』

そうだよね、そういうもの って回答じゃダメだよね。


この身近な現象、ちゃんと説明できる人いますか?

子供の頃は疑問に思ってたけど、調べることはなく、そういうものだと思い込んでた。

今は簡単にネットで調べられるもんね。

ググったら わかりやすく書かれていたよ。

消しゴムとプラスチックの微妙な関係

まとめると、こういうことです。


これが起きるのは プラスチック消しゴム。

素材は塩化ビニールという プラスチックの仲間。

プラス、加工処理をしやすくするために可塑剤が含まれている。

そうやって、ゴムの柔らかさを維持しているの。

かそざい って読むんだよ。

これがね、他のプラスチック素材に長時間くつっついていると、こっちも溶かさなきゃって移っちゃうの。

これを可塑剤の移行って言います。

それを防ぐために紙のケースがついてるんだよ。

って感じで化学的に答えましょう。

ドヤ顔をきめましょう。


『うわぁ、お母さん、お父さん、よく知ってるね!

超かっこいいー見直したよ。』

パチパチパチって なるはずです。

子供もすんなり納得すること間違いなし。

試してみしてね♡


娘『そんなことより、移行だったら戻んないの?』

母『は? 戻る? それは・・・戻らないだろうね。』

娘『だーかーら、なんで?』

なんでって、そういうものなんだよっ(*^-^*)


おしまい。