ゆらふわくらげ

ゆらゆらふわふわな日記

町内役員の高齢化|年齢で くじ引き免除はないんだね

来季の町内会長のくじ引きが もうすぐあります。

現、組長から1人、来期やることになります。

ずーっと見てきて いかに大変かわかりました。

来季、誰もやりたくないです。引いたら仕方ない。

くじ引きの辞退は単身赴任など、余程の事情がないとダメです。

それをみなさんに説明しないといけないらしい。

単身赴任の方も地元に戻ってきたら、くじ引き参加です。


現、組長に おばあちゃんがいるんです。

うちの姑と同じぐらいの年齢です。

うちの姑、まったく何もしません。

それどころか、私にいろいろと言ってくるけどね。

姑を考えたら、その年齢で会長の負担は重すぎる。

きっと、うちの姑だったらやらないし、できない。

通院も多いしね。


かなりの時間を割くことになります。

車でいろんな場所に出向かないといけない。

パソコンの資料作り、荷物を運んだり。


だから、免除されると思っていました。

この前、運動会を一緒に手伝った時に、前の町内では免除だったって話してました。

それでいいと思った。クジ引きの確率は上がるけど。

 

でも、規定にはそんなこと書いてない。

むしろ、70代以上の人が その上の職をやっていますって言われていました。

引かされちゃうんだ。


確かに、町内以外の仕事で市の社会福祉関係の会にも参加してます。

これ、クジで引いちゃったから。毎月ではないけど会合があります。


前にずらーっと並んでいる方、かなり年配の方ばかりです。

年配の方が率先して仕切っているんですね。

免除どころか、高齢者の方達で成り立っている。

若い人がいません。

私もアラフィフ。でも若い方になります。

だからと言って、70歳以上の人にクジでってどうなんだろう。

立候補なら まだわかる。

引いたら かわいそうです。

でも、変わりますとも言えない。

そんな簡単にやれるような任務ではないから。


これ、この先 どんどん高齢化が進んでいくよね。

町内の仕事、行事、若者が離れていっている今、どこまで必要なんだろうか。

おしまい。