ゆらふわくらげ

ゆらゆらふわふわな日記

子供へのステロイドと保湿剤の使用について経験から思うこと

昨日 書いた記事に 思った以上の反響があり、びっくりしています。

コメントも頂いたので 少し補足します。

 

kurage28.hatenablog.com

私はブログ歴が長いです。

でも、脱ステロイドについて記事にしたことはありません。


それは なぜか。


自分が辛くなるから。あまり思い出したくない。

脱ステに成功していない。挫折しているから。

そして、脱ステロイドを勧めていないから。

あんな地獄のような日々、経験しない方がいいです。


娘は使わず、結果良くなった。

でも、だからと言って、真似してほしいと思ってません。

悩んでいる お母さんを混乱させるだけだと思った。


うまく、薬でコントロールしているなら、それでいいと思っています。


昨日、見たツイート、それに対するコメントを読んでいて、思わず書いてしまいました。


ステロイドが悪いわけではありません。

必要な薬、辛い症状を救ってくれる薬だと思っています。


私は40代後半です。自分が赤ちゃんの頃は情報がなかった。

今みたいにネットが普及していない。

母も知らなかったと思います。よく効く薬を使っただけ。

薬局でも販売されている薬を使っていました。

その成分は今となってはわかりません。


一人で通院した頃を思い出しても、説明をきちんとされた記憶はありません。

まず、薬の名前を知りませんでした。

ランクもわかっていませんでした。


もらう時にチューブからビリッと名前の紙?を はがしてカルテにつけていたような記憶がありますが、曖昧でよく覚えていません。

名前の代わりにチューブの色で覚えていました。

テレビでチューブが移った時に自分の薬だと気づきました。


窓口で『薬だけ下さい』って気軽にもらっていました。

小さな小窓から手渡されました。

今みたいに処方箋を見る機会やお薬手帳もありません。

薬剤師さんからの説明もありません。



今は 娘に出された薬の説明文は必ず目を通しています。

薬の名前を見ます。疑問に思えば調べます。質問します。

自分の子供の頃もこうだったら良かったのにって思います。


『そろそろ一度、診察を受けて下さい』と言われた時だけ診察。

それを、めんどくさいなぁと思っていました。

自分自身、その程度の認識でした。

ちゃんと毎回診察を受け、自分から聞いていません。

もっと、ちゃんと向き合えば良かったと後悔しています。


今は時代が違います。

医師や治療法を選ぶことができます。

情報がたくさんあります。


ステロイドの副作用が出ることなく、最大限の効果を出す。

減らしていき、将来的には使わなくてもよくする。

保湿剤でコントロールする。

ちゃんと指導してくれる医者がいます。


だから、当時 闇雲にステロイドを拒否した自分が正しかったと思っていません。


赤ちゃんも お母さんも、辛い思いをせず、少しでも楽に治せる、笑顔でいられることを願っています。