ゆらふわくらげ

ゆらゆらふわふわな日記

自閉症の特性とは|特異と得意について思う

妹の子供、甥は自閉症です。

高校生に成長しました。

昨日、帰省しました。

久しぶりに実母と夕飯をゆっくり食べました。

隣同士に並んで話し込んだのなんて いつぶりだろう。

 

いつもね、愚痴ばっかりなんです。

父と喧嘩してばかりの母です。

聞きたくないから聞き流してる。

 

昨日は違った。ずーっと、甥の話をしていました。

そこに本人、妹家族はいませんでした。

妹自身が私に話すことはありません。

 

もともと、そこまで仲が良いわけじゃないのと

私も踏み込んで聞きません。

 

だから、初めて聞いた話です。

これが母の話です。

 

中学3年間、無欠席。

(支援級に通う為に学区が違うんです。)

寒い日も暑い日も1日も休まず。

ピアノもずっと習っている。

弟がやめても1人でもやってる。

楽譜を読まなくて弾けるんだよ。

最初の発表会では観客の前で座って弾けなかった。

でも、最後に見た時はちゃんと弾いてた。

上手なんだよ。

日記を毎日、欠かさずつけてる。

朝起きてから、何時に何をして 何を食べて。

全部書いてる。漢字もちゃんと合ってる。

奇麗に書いてるんだよ。

 

その日記帳はもう100冊近くになるんじゃないかな。

見せてくれた。ほんとうに感心する。

2歳の頃、この子は14歳まで話せませんって言われた。

ちゃんと話すよ。

とにかく感心するんだよ。

 

そう 母が言った。

あまり自慢しない母がそう言った。

特性って何だろう?

 

そのものだけが持つ性質。特有のすぐれた性質。特質。「素材の特性を活かす」

 

デジタル大辞泉にはこう書かれていました。

特有のすぐれた性質。

本当にすぐれているんです。

すごいでしょ。快挙でしょ。

こんなことできないでしょ。

 

特異ではなくて得意だと思う。

いつも愚痴や文句ばかりの母が ただひたすら褒めた。

私も自慢したくなりました。